草加市・つくば市・調布市・代々木でバレエ&ダンスレッスンをしています。
合同リハーサル
2011-06-27 Mon 09:05

昨日は、草加・つくば・調布スタジオの合同レッスンを行いました。参加して下さった皆さま、お疲れさまでした。毎回、ご協力くださっている保護者の方々には、感謝しております。そして、つくば・調布スタジオの方々、いつも遠くまで、ありがとうございます。

今回はジュニア・おとなクラス合同でワルツと「白鳥」のリハーサルを行いました。少しずつですが、作品がまとまってきています。

 

IMG_0788

 

次回の合同リハーサルからは草加・つくばのプレバレエクラスの子どもたちが参加します。益々にぎやかになることでしょう。

7月3日(日)のリハーサルは下記の時間で行う予定です。

9:30~10:00   草加・つくばプレバレエクラス作品リハーサル

10:00~11:30  「白鳥の湖」第3幕 リハーサル

11:30~12:50  小品集リハーサル

発表会も近づいていますので、できる限りのご参加をお願いいたします。


別窓 | 未分類 |
発表会準備
2011-06-22 Wed 23:51

9月10日アルテ・エスペランサの発表会まで、3ヵ月弱となりました。各スタジオのクラスでも、合同リハーサルでも作品の準備は着々と進んでいます。

今週は、ミュージシャンの方との音楽制作に関しての打ち合わせ、プログラムのデザイナーさんとの打ち合わせも行ってきました。

今年はピアノ、ヴァイオリン、パーカッションの生演奏が入る予定です。第1部のコンサートは色々なのスタイルの作品をお客様に楽しんでいただけたらと考え、構成しました。 「不死鳥」を作曲をしてくださったSiNGOさんが、また別の作品を創ってくださる予定です。とってもクリエイティブな方なので、作品についてお話ししていると、あっという間に時が過ぎてしまいます。

そして今日は、先月撮影したプログラム用写真を持ってプログラムの細かいデザインの打ち合わせをしてきました。バレエスクールのチラシを創ってくださったデザイナーさんですので、きっと素敵なプログラムができあがるでしょう。楽しみです。

さあ、今週の日曜日26日は、合同リハーサルです。だいぶ暑くなってきましたので、水分を多めに用意して、リハーサルに臨んでくださいね。


別窓 | 未分類 |
発表会
2011-06-19 Sun 23:15

今日は2つのバレエスクールの発表会に行ってきました。

ひとつめは、以前から存じ上げている先生からご招待状をいただき、伺いました。中学生、高校生時代からバレエ合宿や合同公演で一緒に汗を流した懐かしい顔ぶれに再会できて嬉しかったです。みんな、それぞれずっと頑張っているんですね。

そこから大急ぎで移動して、草加のジュニアの子どもたちと合流してバスで川口に向かいました。

もうひとつは以前にブログで紹介しました「マリエ&TKバレエ合同発表会」の『眠れる森の美女』全幕。美紗希先生はリラの精を踊られました。綺麗でしたね~、華のあるバレリーナですね。本当にそこだけ特別な明かりが当たっているかのような、キラキラ感でした。美紗穂先生は、とても激しい独創的な動きのカラボスの手下とコケティッシュな猫を踊られました。全く別のキャラクターですが、どちらも素晴らしかったですね。

何人かの先生方と両方の客席でお会いしましたので、皆さん大急ぎで移動されたのでしょう。

さあ、いよいよアルテ・エスペランサの発表会まで、3ヶ月をきりました。これからが本当のリハーサルに入っていきます。暑い夏もやってきますが、力を合わせて良い舞台を創りあげましょう。

 

SN3R00020001

↑ 美紗希先生と終演後に!


別窓 | 未分類 |
新宿芸術家協会
2011-06-17 Fri 23:59

今日は、私が所属している新宿芸術家協会主催の公演があり、昨日のリハーサルと今日の本番と2日間、お手伝いにいってきました。

 

001

 

新宿芸術家協会は舞踊のジャンルを問わず、バレエ、モダンダンス、コンテンポラリーダンス、フラメンコ、民族舞踊などの舞台芸術において活動している舞踊家が所属している団体です。

この新宿芸術家協会主催の公演には毎年、公演のテーマがあり、そのテーマにそって各ジャンルの踊りの視点で作品を創っていくという面白い企画で行われます。今年のテーマは「ショパン」、昨年が生誕200年でしたね。とても美しく情緒あふれる曲がたくさんありますよね。私も大好きな曲がいろいろあります。

そして、もうひとつ「フレッシュ・コンサート」といって、これから売り出す若いダンサーを応援する企画もあります。来年はアルテ・エスペランサからも有望な子たちを出せたらなと考えています。


別窓 | 未分類 |
PIANO JOINT CONCERT
2011-06-16 Thu 16:20

アルテ・エスペランサの姉妹校まきピアノ教室を主宰している私の妹が音楽仲間たちとピアノ・ジョイント・コンサートを行います。

 

001

 

6月22日(水)すみだトリフォニーホール・小ホール  開演19:00 全自由席2,000円

ピアノ・ソロ、連弾、2台ピアノ、2台8手など様々な形態、曲目をプログラムしています。

昨夜、妹の演奏用ドレスが出来上がってきました。今までは私がドレスを作っていたのですが、今回のものはアルテ・エスペランサのお衣裳を創ってくださっている佐々木先生作です。お任せでお願いしていたのですが、あまりの素敵さにうっとりです。写真だと微妙な色合いがでていませんが、内側の布地も外側に張った布地も様々な色に染めてくださっています。

 

IMG_0784

 

このドレスを着て、リハーサルにもさらに力が入るでしょう。

当スクールでもチケットを取り扱っておりますので、初夏の夕べにピアノをお聴きになりたい方は、お問合せください。


別窓 | 未分類 |
ちょっとリフレッシュ
2011-06-13 Mon 22:48

今日の昼間は少し時間が空いたので、桃太郎を連れて朝早く鎌倉に行ってきました。

車だと草加から1時間半くらい、そんなに遠くないですね。前回、鶴岡八幡宮に行った時は工事中で上まで石段を上がれなかったのですが、今日はちゃんと上まで上がってお参りができました。強風で倒れてしまった大石段脇の大銀杏の木もしっかり再生しつつありますね。かわいいリスも数匹みかけましたよ。

 

IMG_0779

 

お昼は桃太郎が一緒なので、ちゃんとした食事はあきらめていたのですが、小町通りにワンちゃん連れでも入れるところがありました。そして、なんと生シラスが食べられたのです!!昨年も一昨年も鎌倉に行った日はシラスの水揚げがなく、生シラスが食べられなかったのです。桃太郎もお店のママさんに釜揚げシラスをいただき満足気。いつでも食べられるものではないのでラッキーでした!

夜は会議があったので、大急ぎの散策でしたが、すっきりリフレッシュできました。


別窓 | 未分類 |
牧阿佐美バレエ団公演を観てきました
2011-06-13 Mon 21:30

昨日、牧阿佐美バレエ団の「白鳥の湖」を観てきました。

好きな演目のひとつですが、牧バレエ団の「白鳥」を観るのは10数年ぶりです。今回はラギー先生が第1幕のパ・ド・トロワを踊られました。良かったですね~。品があり動きが正確、特に足の動きが丁寧できれいですね、残像が残る感じです。

コール・ドもよく揃っていて美しかったです。

開演前にロビーで5月25日の5月の祭典『不死鳥』でお世話になった照明デザイナーの大島先生とバッタリお会いしました。昨日の「白鳥」は大島先生が担当されていたそうです。幻想的な明かりで素敵でした。

今年のうちの発表会ではシャオ先生演出で「白鳥の湖」の第3幕をやるのですが、美紗希先生がオディール、ラギー先生が王子、紗香先生が道化、ハンガイ先生がロットバルトを踊ってくれます。とっても楽しみです。

次回の合同リハーサルは6月26日。その後も7月3日と続きます。7月10日には全員の先生方が揃ってリハーサルができそうです。それまで、各クラスでの練習を頑張りましょう。


別窓 | 未分類 |
宝塚
2011-06-10 Fri 21:28

今日、宝塚花組公演「ファントム」のご案内が日高大地さんから届きました。東京での公演のご案内と年賀状は必ず送ってくださっています。

彼女は宝塚花組で活躍されている男役さんです。お母さまがモダンダンスの先生で、私もいろいろとお世話になりました。お母さまのリハーサルに付いてきていた小学校入学前の小さな時の印象が強いのですが、いつの間にか素敵な男役さんになられました。やはり小さな時からバレエをされていて、宝塚で「太王四神記」が上演された時、せりの上でポアントで踊られるということで応援に行きました。

最近はなかなか時間がなくて宝塚に行かれませんが、また観にいきたいと思っています !!  ぜひ皆さんも応援してあげてくださ~い!

 

001

↑ 今年いただいた年賀状です


別窓 | 未分類 |
牧阿佐美バレエ団「白鳥の湖」
2011-06-08 Wed 12:21

今週末11日(土)・12日(日)に牧阿佐美バレエ団「白鳥の湖」の公演があります。会場は五反田のゆうぽうとホールです。

シャオ先生は両日「マズルカ」、ラギー先生は11日「チャルダッシュ」12日「パ・ド・トロワ」で出演されます。

観に行きたい人はこの指と~まれ。チケット取れますよ。


別窓 | 未分類 |
眠れる森の美女
2011-06-07 Tue 11:42

6月19日(日)マリエ&TKバレエ合同発表会「眠れる森の美女」~全幕~が行われます。17:00開演、川口駅前のリリアメインホールです。

草加スタジオ・プレバレエクラス担当の矢嶋美紗希先生、他にも前回の発表会でお世話になった美紗穂先生、染谷美佐子先生がご出演されます。当バレエスクールの今回の発表会の演目に入っている妖精たちのパ・ド・シスやフロリナ姫のヴァリエーションももちろんありますよ。美紗希先生はリラの精を踊られます。

 

001

 

入場は無料ですが、整理券が必要となります。残りわずかですので、ご覧になりたい方はお早目にお申込みください。当バレエスクールでも取り扱っております。


別窓 | 未分類 |
舞台制作2
2011-06-04 Sat 00:09

今回は劇場についてお話ししたいと思います。

現役で踊っていたころ、いろいろな舞台で踊る機会に恵まれました。公演数がかなり多く、月平均1~2公演はありました。小さな舞台から、とんでもなく大きな舞台まで。もちろん海外の劇場ですが、舞台間口が42M、客席のキャパが5000席、なんてところで踊ったこともあります。正直踊っているのか、走っているのか、分からない状態でしたが・・・・。

最近の日本の劇場は、設備も良く整っていますし、清潔で綺麗ですね。発表会の会場を決める時、いろいろな点を考慮しました。明るく華やかなイメージの劇場であること。観客として劇場に行った時、明るく華やかな劇場は入っただけでワクワク感がありますよね。そして利便性、多くのお客さまが来場しやすい便利な場所にあること。せっかく一生懸命練習して踊るのですから、客席がガラガラだと悲しいです。たくさんのお客さまに観ていただきたいですね。もちろん、舞台の大きさと客席のキャパも重要です。それから、客席からの舞台の観え具合。舞台で踊った時に感じる客席との一体感。

それら諸々を考慮して、アルテ・エスペランサの発表会は北千住のシアター1010を使っています。できたばかりの頃は、商業イベントのみでしか使用できなかったのですが、一般に貸出が始まってすぐに予約をしました。新しい劇場ですから設備も最新ですし、楽屋内も広く明るくて綺麗ですよ。最近は踊りの公演に使われることも多いようです。

生徒の皆さんの 『 踊る心 』 を大切にするため、劇場、お衣裳、照明、音 などなど・・・より良い舞台環境を提供したいと思っています。


別窓 | 未分類 |
ガルシア・ロルカ劇場
2011-06-03 Fri 23:38

ガルシア・ロルカとはスペインの有名な詩人であり、劇作家のお名前です。彼の名前がついた劇場が、キューバの首都ハバナにあります。

CIMG2183


このHPのトップに使っているのも、そのガルシア・ロルカ劇場の外観の写真です。撮影者は私です。1838年に建てられた歴史のある劇場。スペイン・バロックスタイルの建築様式でとっても趣があり、素敵です。

CIMG2184


公演の宣伝はポスターではなく、劇場前にある大きな宣伝用の枠に毎週、最新の公演の情報が直接書き換えられます。上の写真はキューバ国立バレエ団「ジゼル」の公演のものです。


ロビーも素敵です。

IMG_0201

客席は天井もプロセニアム・アーチもバルコニー席も華やかです。

CIMG2193

CIMG2194

CIMG2199

CIMG2196


キューバにいたころは毎週末バレエやコンテンポラリーダンス、フラメンコなどの公演を観に通いました。このブログのタイトルもそこからいただいたのです。


別窓 | 未分類 |
代講のお知らせ
2011-06-02 Thu 10:55

アルテ・エスペランサの生徒の皆さまへ。下記の草加スタジオのレッスンは代講となります。

6月4日(土)  矢嶋美紗希(ジュニアクラスのみ)

6月11日(土) 矢嶋美紗希

6月25日(土) 矢嶋美紗希(ジュニアクラスのみ)

7月16日(土) 矢嶋美紗希

7月30日(土) 矢嶋美紗希

8月6日(土)  ハンガイ・アルガイスフ


別窓 | 未分類 |
舞台制作1
2011-06-01 Wed 00:10

バレエは踊り、音楽、衣裳、照明、舞台美術などあらゆるジャンルが融合した総合芸術です。

ダンサーのテクニックや表現、素晴らしい音楽、作品にあったお衣裳・照明・舞台装置など全てが揃ってひとつの芸術を創り上げるのがバレエです。当バレエスクールでは、生徒さんたちにできる限り本物の体験をして欲しいとの思いで発表会を行っています。ですから発表会のスタッフは一流の方々にお願いしているのです。

踊り手が身体訓練を重ね、表現豊かに踊ることはまず第一。そのためにはレッスンの中で基本を大切にすると共に現役ダンサーである講師たちが「踊る」ことを指導していきます。

発表会ですと生のオーケストラをお願いするのは無理ですが、音源・音量など細部にこだわって「音出しに命をかけています」とおっしゃる音響の方をスタッフとしてお願いしています。今回は作品によっては生演奏も予定しています。

お衣裳も作品を助けてくれる重要な要素。舞台を観にいくと、お衣裳に力を入れていなくて残念だなと思う場面に出くわすことがあります。そのようなことがないよう、作品にあった品のある素敵なお衣裳を揃えるために時間をかけて何度も打ち合わせを重ねます。

照明に関しても細かいリクエストを出して、打ち合わせを行います。先日の「不死鳥」の時もそうだったのですが、下見の段階でこちらからリクエストを出し、当日の場当たりで色彩や調光、位置をチェック、ゲネプロ後、時間ぎりぎりまで再度細かい直しをお願いしました。照明の存在は大きく、作品の出来を大きく左右するのです。ですから経験を積んだ信頼のおける照明デザイナーさんにお願いするのです。

メーキャップも大切ですね。うちの発表会では舞台メークに慣れたダンサーの方たちが全員のメーキャップと髪を担当してくれます。

公演では踊り手が自分の作品に集中して踊れるよう、他にも舞台監督、照明、アナウンス、カメラマン、表方さんなどプロのスタッフたちが協力し支えてくれているのです。そして素晴らしいひとつの舞台ができあがるのです。


別窓 | 未分類 |
| アルテ エスペランサ お知らせ&ブログ |